Exit Button

客単価、信頼度、スタッフのモチベーション、ぜんぶあの技術でUPしました

その他 -

【私たちの学び方】

「新しい技術に出会ったときのこと」をテーマにそれぞれの学び方をクローズアップしてきた【私たちの学び方】シリーズ。なかでも「CHIAKIメソッド(R)」は、数多く体験談が寄せられた人気技術のようです。今回は、「さまざまなお客様に対応できる技術を」という視点から講習会に参加を決めたという「ルテレ・ボーテ」店長の新村和泉さんにお話をうかがいました。

 

 

――新村さんはどんなサロンを運営されているんでしょう?

 

新村さん 静岡県浜松市でプライベートサロンを経営しています。美容室併設のサロンなので、ちょっと珍しいかもしれないですね。そのせいか、年齢やタイプの違うさまざまなお客様がいらっしゃいます。だからこそ、一人ひとりのお客様としっかり向き合うことを意識しています。それぞれの目標に合わせて、エステティシャンと二人三脚でサポートさせていただいていますが、お客様のなかには左右の手や足の長さが違うなど、歪みがとても酷い方がいらっしゃったりして……そのお悩みにお応えできる技術はないだろうか?と新しいものを探しはじめました。そこで出会ったのが、「CHIAKIメソッド(R)」です。

 

 

■ストレッチとミックスしたインパクトのある施術は集客効果も抜群

 

――ベーシックなエステティックメニューでは対応が難しかったのでしょうか。

 

新村さん はい、そうです。治療までいかずとも、エステティックサロンで施術可能なボディの施術がいいなと思っていたんですよね。CHIAKIメソッド(R)はストレッチも入っていて動きにインパクトがあるし、体の仕組みを知っていないと難しい施術です。講習に行ったとき、それをすごく感じて。志の高いエステティシャンがたくさんいらしてました。私もその仲間になれたのが単純にうれしく、誇らしかったですね。

 

――そうなんですね!サロンのお客様はどんな反応ですか?

 

新村さん 筋肉はガチガチ、体はガタガタというお客様も、縮んでいた脚が伸びる・姿勢がよくなるなど1回で「変わった」という体感があるようです。私もびっくりするほど。それから、千亜紀先生がサロンを訪れることもあるので、先生のファンになったお客様もいらっしゃいます。

また、私が体の状態をより的確に見られるようになったので、よい結果を引き出せることが増えました。何より、信頼を得られるようになったと思います。

 

 

――導入後約2年とのことですが、経営面での変化はありましたか?

 

新村さん 今までよりも高単価のメニューができたことで、お客様一人あたりの客単価がアップしました。技術を学ぼうとセミナーを受講するスタッフも増えたんです。セミナーでは技術・知識をわかりやすく伝えてくださるので、参加すると「もっと深く勉強しよう」という意識と好奇心が芽生えるようです。「CHIAKIメソッド(R)LFCテクニック」は、とても深いテクニックなので、私も勉強の日々を送っています。これからも知識を増やし、技術を磨いていきたいと思っています。そう思えるのも、セミナー受講を通じて出会った志の高い「職人エステティシャン」仲間の存在です。みんなで同じ方向を見てがんばれる、この仲間は、私の人生にとってかけがえのない宝物です。

「CHIAKIメソッド(R)LFCテクニック」を学び、お客様と真剣に向き合う「職人エステティシャン」がもっともっと増えたら良いなと思っています。

 

新村さんが参加したセミナーと参加頻度

セミナー名:CHIAKIメソッド(R)LFCテクニック

主催者名:ディパドゥーナ株式会社

講師名:村川千亜紀

参加時期:2016年4月

 

技術ばかりでなく、セミナー参加を通じて宝物となったエステティシャン仲間との出会いがあったという新村さん。「他店はライバル」だった時代は終わり、「異業種がライバル」という時代になっています。横のつながりが希薄なエステティック業界だからこそ、スクールや講習会などの顔を合わせる機会がますます貴重になるのではないでしょうか。

 


協力 ディパドゥーナ株式会社

https://chiakimethod.esthe.school/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む