Exit Button

風邪感染に注意!

アナリストコラム -

明けましておめでとうございます!

早いもので、2016年に入ってから1週間が経ちました。
今年のお正月は、4日が月曜日だったこともあり、少し早めの仕事初めに。エステティック通信では、毎年全員で初詣に行き、おみくじを引きますが、今年は大吉が3人と幸先の良いスタートとなりました。

b7f5baa4d3abab9fb59a78eee1f9605e_s

さて、今年は今の所暖冬ですが、寒い日と暖かい日の気温差が激しいせいか、電車に乗っていても風邪を引いている方が多いように思います。
サロンに来店するお客様も、風邪を引いている方がいらっしゃるのではないでしょうか?「エステサロンで風邪をうつされた!」となる前に、できる限りの対策を取りましょう。サロンでできる、風邪対策としましてはエステティシャンが媒介者とならないように、マスクを着用する・こまめに手を洗うのはもちろん、風邪気味のお客様から他のお客様へ伝染しないように対策が必要です。

例えば…
●入り口にハンド用の消毒液を置き、お客様入店時に使用していただく。
●サロン内が乾燥しないように加湿器を置く。
●ウィルス除去機能付きの空気清浄機を置く。
●お客様入れ替え前に、ドアノブなど手が触れる部分をアルコール消毒で拭く。
●風邪を引いてしまったお客様には、無理をせずに振り替えをしていただく。
●予約の無い時間帯もしくは開店前・閉店後などに、こまめに喚起し空気を入れ替える。

など、できる限りの対策を立て、実行しましょう。

どの菌にどの消毒液が効果を発揮するかは、公益財団法人 日本エステティック研究財団(http://www.jerf.or.jp/)の「エステティック衛生基準」修得のためのe-ラーニングでも学ぶことができます。この機会に、再受講してみてはいかがでしょう。

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む