Exit Button

新井会『UP STYLE HAIR COLLECTION 2018』開催

業界ニュース -

美容研究全国新井会(東京都中央区、会長 新井唯夫)は2017年12月5日(火)Zepp Divercity(東京都江東区)にて『UP STYLE HAIR COLLECTION 2018』を開催した。

23回目となる今回のメインテーマは「Be Conscious(意識を持って)」。

デコレーションフェミニン・セクシーエレガント・モードアートの3つのステージに分かれ、新井会メンバーがモデルの個性やファッションを活かすスタイリングを披露した。

その後、新井氏のステージがスタート。今回のメインテーマである「Be Conscious」に合わせ3つのアップスタイルを披露した。

新井氏は「作品作りはイメージがあって、ここをこんな感じにしようと思った時に初めて基礎的技術が求められる。今日、二番目に見せたスタイルは、面で構成していて綺麗に作るのは難しい。隙毛で盛りすぎても面が汚くなる。また、流行もあって、時代が変わって位置が変わるとまた難しくなる」と流行に合わせたスタイリングについて解説した。

さらに「今日は、後ろのエクステ部分を3本ループからの引き出しているが、どこを引き出すかによって見え方が変わる。また、ラインを入れる際、その日だけのスタイリングであればスプレーするだけでくっついてくれる。着け毛は重いので、土台が大切。基本大きいUピンを使い、緩ければアメピンで止める。ただし、アメピンだとピンの違和感が一日中残るため、Uピンやねじピンで止める方が良い」と、見た目だけではなくモデルやお客様側への負担に関しても言及した。

新井氏は最後に「イベントになかなか人が集まらなくなって来ている中、900人を越える方々にご来場頂いた。勉強する方が減ってきているけれど、意識の高い・勉強している方は残っていく」と感謝とともに学ぶことの重要性を説いた。

同イベントには、約900名超が来場。観覧した来場者・関係者を魅了し、今回も大盛況のうちに幕を閉じた。

●関連サイト 美容研究全国新井会公式サイト https://www.arai-kai.net/

 

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む