Exit Button

フラーレン「たるみ改善」を臨床試験で確認

業界ニュース -

ビタミンC60バイオリサーチ株式会社(東京中央区、代表取締役社長 林源太郎)は同社が製造販売するフラーレン化粧品原料の一つであるリポソーム化用フラーレン『Moist Fullerene(モイストフラーレン)』にて、たるみを改善する効果を確認したと発表。

フラーレンは、肌の老化やトラブルの要因となる活性酸素の消去能(抗酸化能)の優れたエイジングケア成分として美白や抗シワ、肌荒れなどに対する効果が確認されている。同社が、2015年8月に発売した『モイストフラーレン』は、フラーレンの抗酸化効果に加え、保湿効果や浸透性も確認されている化粧品原料。今回の研究では、東京工科大学前田憲寿教授との共同研究にて、エイジングの悩みとして多くの女性を悩ませている『たるみ』に対する効果を、モイストフラーレンを用いて臨床試験で確認した。

<最新研究結果>
【試験方法】
モイストフラーレン1%配合美容液を顔の半分にのみ、朝・晩のスキンケアに追加し28日間塗布。そのうえでモイストフラーレン塗布部と無塗布部で、たるみと肌色の変化量を測定し比較する。
たるみの測定方法としては、顔面にシールを貼り(右画参照)、座っている時と寝ている時の各シールの移動距離を測定する。移動距離が少ないほど、たるみ具合が少ないことを表す。

sub1

【結 果】
・たるみ評価
目の下(試験方法イラスト「目の下」の移動距離の平均値)及び下頬(試験方法イラスト「下頬」のずれの平均値 )にて、モイストフラーレンによってたるみが改善し、ひきしめ効果が確認された。

main

※MF=モイストフラーレン

・肌色評価
モイストフラーレン配合美容液を28日間使用後、使用前と比較すると分光反射率があがり、肌の透明度が改善された。
(分光反射率とは…物体に光があたった時の反射する光の量。反射率が高いほど肌の透明度が高いとされる)

sub2

【まとめ】
モイストフラーレン配合化粧品を1ヵ月間使用することで、お肌のたるみ、透明度が改善した。シワ、たみる、乾燥などエイジングの悩みは幅広いが、保湿と抗酸化力に優れたモイストフラーレンを化粧品に配合することで、エイジングケア効果が期待できる。『たるみ』に効果を発揮する化粧品原料は少なく、今後、モイストフラーレンの広がりが期待される。

●お問い合わせ先
ビタミンC60バイオリサーチ株式会社
TEL:03-3517-3251
FAX:03-3517-3260
http://www.vc60.com/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む