Exit Button

「乳酸菌生産物質」がヒートショックプロテインを誘発

業界ニュース -

株式会社美養(神奈川県横浜市 代表取締役 沼倉萬里枝)は、善玉菌を発酵させた豆乳発酵液(乳酸菌生産物質):製品名『心乃泉』の研究を行い、ヒートショックプロテインの誘発を活発にさせることが確認できたと発表した。

また、純国産シルクから化学薬品を使用せずに抽出したシルク抽出液(化粧品原料名:シルクオリゴマー、製造方法・効果の特許を取得済)に豆乳発酵液と温泉水を加えて作られる新たなプレ基礎化粧品「開墾水® シエル ピュア アン」を開発し、「コラーゲン修復・排毒促進剤」として特許出願(特願2015-233960)した。

ヒートショックプロテイン(Heat Shock Proteins 以下HSP)はアメリカにおいて抗ガン生体免疫機能として発見・注目され研究されている体細胞内で作られる熱耐性たんぱく質で、日本でもサウナや入浴法の研究によってアンチエイジング物質あるいは生体免疫機能として着目されている物質。研究によって様々なHSPの種類が発見されていますが、美容・健康分野においてはHSP32、HSP47、HSP60、HSP70、HSP90、HSP104、gp96と言った種類のHSPが発見されている。

開墾水®はヒト皮膚繊維芽細胞を検体とした評価において、HSP70、HSP47だけでなくHSP32、HSP60、HSP90、HSP104、gp96といったHSPまで同時に発現させることを証明した。HSPには細胞の老化を防ぐ・細胞の変異を防ぐ・変異した細胞を死滅させる・コラーゲンを生成する・異常細胞をキラーT細胞に伝えるという働きがそれぞれあるため、日焼け防止・美肌・老化防止・病状の予防という点からも期待できる製品となっている。

本来、体内温度が38度になると発現するHSPを、肌に吹きかけるだけで発現させるという開墾水は、コラーゲン生成を活性化、美容効果が高いだけでなく、細胞レベルから保護や予防となるとされ、従来の基礎化粧の概念に新たな効果を生み出すものとして期待される。

また、シルクオリゴマーは、元来シルクアミノ酸が持つ肌再生に関する高い性能を製法で引き出しており、防腐剤を使用しなくても品質を維持できるすぐれた化粧品素材。開墾水はこの特性をより生かした製品としてアレルギー対策、ベビー向けコスメとしての活用が期待されている。

<製品概要>
製品名:シエル ピュア アン
成 分:シルクオリゴマー(シルク抽出液)、温泉水、豆乳発酵液
価 格:12,000円(税別)
容 量:200ml

びよう

●お問い合わせ先
株式会社美養
TEL:045-590-5017
FAX:045-594-0584
E-mail:info@kokorono-izumi.com
http://www.ciel-de-marie.com/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む