Exit Button

「SuperStream人事給与システム」マイナンバーを標準対応

業界ニュース -

キヤノンMJ ITグループのスーパーストリーム株式会社(代表取締役社長:梅澤英之)は、SuperStream(スーパーストリーム)人事給与システムにマイナンバー対応機能を標準搭載したバージョンを2015年8月1日より提供する。

2015年10月以降、12桁の個人番号が指定され、2016年1月からは民間事業者でも、労働・社会保険の適用や給付等の社会保障関連の手続き、源泉徴収票や法定調書などの税務上の手続きにおいて、マイナンバーを利用したさまざまな処理を行う必要が生じる。制度開始にあたっては、企業内で業務フローや社内規程の見直し、ITシステムの改修などが必要となる。

今回提供を開始するSuperStream人事給与システムでは、マイナンバー制度で求められている業務要件、およびシステム要件である「技術的安全管理措置」に対応した機能を既存ユーザへバージョンアップとして標準提供することで、従業員のマイナンバーに関する「取得」「保管」「利用/提供」「廃棄」までの一連のマイナンバー関連業務をシステム面でサポートする。
sub1

<SuperStream人事給与システムについて>
SuperStream人事給与システムは、 企業の人事業務で求められるきめ細かい人事給与管理はもちろん、企業の人事戦略を実現するための柔軟な人材データベースを構築することが可能。 また、人材情報や人件費情報を統計分析資料として利用することが可能なので、これにより経営視点からの人事戦略を構築することができる。価格は250万円から。

●お問い合わせ先
スーパーストリーム株式会社 商品企画部
TEL:03-6701-3647
e-mail:mkt_p@superstream.co.jp

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む