Exit Button

『第15回 スパ・ウエルネス学術会議』開催

業界ニュース -

2018年5月15日(火)メルパルク東京 イベントホール(東京都港区)にて、NPO日本スパ・ウエルネス協会(東京都豊島区、理事長 下村朱美)が主宰する『第15回 スパ・ウエルネス学術会議』が開催された。

 

 

開会の挨拶の中で下村理事長は「ハワイのロミロミやタイ古式マッサージなど、海外には独自のスパメニューがある。けれど、現在日本では、ホテルでもヨーロッパの技術が使われていたり、中国式など海外のメニューが行なわれている。私たちは、メイドインジャパンの施術=WASPAとして、日本の“おもてなし”や、施術前の煎茶、経絡の考えを入れたマッサージ、お国自慢である金沢の金箔を取り入れたメニュー、高品質な技術など、日本のサービス・WASPAを世界に広めていきたい」と、日本観光の目玉となりうる“日本独自メニュー”の重要性を伝えた。

 

会議では、協会の活動報告に続き「2018 ビューティコンペティション」受賞者の表彰式が行なわれた。「ビューティコンペティション」は、より高度なエステティック技術の習得とサービスの向上を目的とした大会。学生ボディ部門、学生フェイシャル部門、社会人(ボディ&フェイシャル)部門で構成され、エステティック技術はもちろん、身だしなみやコンサルテーション(分析)、おもてなしの接客マナーなどサービス面にいたるまでトータルで審査される。各部門受賞者の名前が発表されると、会場からは大きな歓声が上がった。

また、IPSN(国際職業人標準機構)栄誉賞を受賞した、美容室チェーンAshの創業者で、株式会社アルテ サロン ホールディングス取締役会長 吉原直樹氏と、元フジテレビアナウンサーでネイルクイックなどを展開する株式会社ノンストレス代表取締役 坂野尚子氏に盾と花束が送られた。

 

 

そのほか、MAISON DE BLANCHEヴィザジストの大竹 志津子氏を講師に迎えた「出会いの3秒。じぶんらしく、より素敵な着こなし術」や、仲野整體東京青山院長で姿勢治療家の仲野孝明氏による「一生『疲れない』姿勢と印象のつくり方」、MAKE UP FOR EVER専属のメイクアップアーティストAKIKO氏によるメイクショーなど実演を交えた講演が行なわれ、聞くだけではない“身につく”講演内容に、参加者が写真やメモを取りながら楽しんで受講する姿が印象的だった。

 


●お問い合わせ 特定非営利活動法人 日本スパ・ウエルネス協会

TEL: 03-5960-0332

https://www.spa-wellness-japan.or.jp/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む