Exit Button

どのブランドでも衣類を回収

業界ニュース -

株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:西田明男/東証一部:コード番号8111)ではどのブランドの服でもすべての衣類を回収する、循環型リサイクルシステム「GREENCYCLE」の取り組みを、今期も継続している。

同社は、2009年から当社製品のポリエステル、ナイロン製品を回収し、ケミカルリサイクル(※)を行う循環型リサイクルシステムを「GREENCYCLE」として開始、2013年からは限りある資源であるダウン(羽毛)を回収、精製し、「GREENDOWN」という名前でダウンウエアをはじめとする新たな製品の原料として利用するプロジェクトを実施。

2015年5月からは、株式会社アイコジャパンとのパートナーシップにより、どのブランドの服でもすべての衣類を回収する、GREENCYCLEの取り組みを開始している。当初は全国32店舗の当社ショップで回収の受け付けをしていたが、2016年4月末現在は、合計48店舗での回収を受け付けている。
2015年5月からは、株式会社アイコジャパンとのパートナーシップにより、どのブランドの服でもすべての衣類を回収する、GREENCYCLEの取り組みを開始している。

d7414-437-604818-3

当初は全国32店舗の同社ショップで回収の受け付けをしていたが、2016年4月末現在は、合計48店舗での回収を受け付けている。店頭での情報発信やホームページを活用した啓蒙活動を実行し、2015年5月から2016年4月末までに、合計約1,538名から回収を受け付けた。
回収した製品の多くはアイコジャパンに送られ、

回収重量:703.0kg
これによる環境への影響の概算(環境省3R行動見える化ツールより)
天然資源削減量:原油:230.0リットル/綿:324.0kg/毛類:125.0kg
最終処分削減量:22.5kg
二酸化炭素削減量:5,286.0kg-CO2 と、アイコジャパンより報告を受けている。

同社では、今後もこの「GREENCYCLE」を継続していく予定となっている。

「GREEN IS GOOD」WEBサイト http://www.goldwin.co.jp/greenisgood/

※ケミカルリサイクルとは科学的に処理して、石油から製造した場合と同レベルの高純度の原料にリサイクルすること。

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む