Exit Button

たかの友梨 熊本でエステボランティア

業界ニュース -

2016年5月6日(金)、たかの友梨ビューティクリニックより、エステティシャンの有志総勢10名が「たかの友梨エステボランティア隊」として、避難所にてフェイシャルエステとフットケアを行った。

たかの友梨エステボランティア隊は、「熊本地震で被災された方々を少しでも癒してさしあげたい」という想いから、避難所となっている村立南阿蘇中学校の体育館を訪問。体育館では、震災によって自宅が全壊してしまった約400名の方が避難生活を送っている。

b南阿蘇村_143 (1)

ボランディアでは、体育館の椅子を使い、総勢40名に対しフェイシャルエステとフットケアの施術が行われた。施術を受けた方の中には「震災以来はじめて鏡を見ました」という方も。また「化粧品を持って逃げられず、美容のことなんてまったく頭から離れてしまっていたから嬉しい」といった声も多く聞かれたという。

takano 2

さらに、救援物資として、オールインワンジェル・クレンジングウォーター・コットン・バックが配布された。施術を終え、避難所を後にしようとしたボランティア隊には、割れんばかりの拍手が送られ、エステも救援物資も非常に喜ばれたという。

同社は、今度も被災地支援を続けて行く。

●関連サイト https://www.takanoyuri.com/

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む