Exit Button

常に顧客の幸せを最優先 よい結果を生む理想のサロンを追求

-

ベレガ株式会社
「ベレガビューティーアンドコスメティックス/ボーテ ド ココン」
代表取締役 奥村 優之 氏

温活を軸とした新店出店。健康へエステからアプローチ

 

近く創業20周年を迎える弊社。コンサルティング業務からはじまり、エステティックの理想を追求する形で、「卒業できるエステ」として「ベレガエステティックサロン」を開設。同時に美容機器の開発もスタートし、昨年でちょうど10年目を迎えました。現在の売上面での主軸はメーカーとしての卸売業です。
そんな状況のなか、昨年には福岡に5店舗目となる「ボーテ ド ココン」を出店。20年にわたってエステティックのあり方を模索し、たどり着いたのは「健康なくしては美は成り立たない」という当たり前の事実。これまでも健康美を軸にサービスや商品を開発してきましたが、今回の新店は「体を温めること」を主軸においた新コンセプトのブランドです。サロンのお客様には、知らぬ間に進行した冷えが痩身や美肌を妨げているという方が多くいます。冷えは病の元でもあり、体を温めて免疫力をアップすることは病気の予防にもつながります。来る超高齢社会を見据え、医療費削減の必要性がさけばれて久しい昨今、美容からのアプローチも有効と考えます。この視点は、エステティックの生き残りのために必須ではないでしょうか。
今春には、この考えをさらに進めた新コンセプトサロンを表参道にオープンする予定です。エステの横にスタジオを設け、パーソナルトレーニングを提供します。高周波などの施術で可動域を広げてからのトレーニングで、効率的に筋肉量を増やし、基礎代謝量を上げ、冷えない体を作るのです。いたずらに店舗数を増やすのではなく、お客様の幸せを最優先した運営を真摯に続けることこそ、信頼と実績を重ねる唯一の道だと考えます。

 

サロン、ホームケア、学び三本柱で美と健康を支える

 

弊社にとってのサロンは、あくまでベレガブランドを浸透させる拠点であり、美と健康への道筋を伝える案内所のようなもの。こだわりの化粧品と独自開発の美容器を中心としたホームケアと正しい生活習慣なくしては、美も健康も成り立たないという考え方です。そのため、サロンではダイエット塾、美肌塾、体内きれい塾といった講座も開催しています。「サロン」「ホームケア」そして「学び」からなる「ベレガ3ステップ」が、各界のインフルエンサーを含む多くの方から支持され、広告なしにサロンの輪が広がっています。きれいになることで得られる高揚感は免疫力を上げ、美と健康を呼び込みます。こうしたよい結果を提供するために欠かせないエステティシャンの質向上をめざし、大阪に初の認定校、国際エステティック連盟「INFAスクール梅田校」を開校し、創業メンバーの松谷 圭が校長に就任しました。働きながらの受講で技術と知識、さらには世界で通用する国際ライセンス及びライセンスパスポートを取得できます。今後も多方向から、エステティックの理想を追求していきます。

 

奥村 優之
ベレガ株式会社代表取締役として美容機器の開発、全国5店舗のサロンを運営。一般社団法人エステティックグランプリ理事、第6期第7期理事長としても活動。「関西コレクション」の公式サポートエステティックサロンとしてコレクションモデル審査員も務める。第2回「エステティックグランプリ」では自社サロンを顧客満足度部門第1位に導くなど、チームビルディング力にも定評あり。70歳まで波乗りできる体作りが目下の目標。

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む