Exit Button

約7割の女性が『夏枯れ肌』を自覚

業界ニュース -

美容家電のパイオニアとして、 RFボーテシリーズのオールインワン美顔器「フェイスEX」などを販売するヤーマン株式会社(代表取締役社長:山崎貴三代、 所在地:東京都江東区)は、20~50代の女性500名を対象として、『夏枯れ肌』に関する調査を行い、その結果を発表した。

はじめに、「夏の終わりに“肌に元気がない”と感じたことはありますか?」とたずねたところ、72%と7割以上の人が「ある」と回答。 また、「夏の終わりの肌の状態」を詳しく聞いたところ、「暑さで毛穴が開くのか肌のキメが粗く見える」(22歳)、「紫外線を浴びすぎるせいか、 肌のくすみや乾燥が気になる」(39歳)、「乾燥もくすみも感じるし、ハリもなくなる」(50歳)といった声がみられた。 このことから、年代問わず、夏のダメージが原因で様々な“肌の不調”を感じる女性が多いという実態がうかがえる。 そこで今回は、夏の終わりに元気がなく見える状態の肌を『夏枯れ肌』と名付け、以降の調査を行った。

d12973-6-997404-1

まず、「『夏枯れ肌』を自覚する時」としては、「肌がくすんでいる時」(55%)と「肌にハリ・弾力がない時」(52%)が特に多く、それぞれ半数以上。 また、「肌がざらついている時」(44%)や「毛穴が黒ずんでいる時」(33%)といった“汚れ残り”や、「肌がかさついている時(42%)、 「目もとにうるおいが足りない時」(32%)といった“乾燥”に関する回答も目立った。

では、多くの女性が自覚している『夏枯れ肌』は、自分や周囲に対してどのような影響をおよぼすのだろうか。
まず、「自分への影響」について聞いたところ、「自分に自信がなくなる」(84%)、「暗い気持ちになる」(80%)と答えた人が多数で、「人と会いたくなくなる」という人も68%に。ネガティブな気持ちになってしまうだけでなく、コミュニケーションにおいても影響があるようだ。

さらに、『夏枯れ肌』が「周囲に与える印象」についても調べると、9割の人が「疲れていると思われる」(90%)と回答。 また、「老けて見られる」(78%)、「不摂生だと思われる」(58%)といった回答も目立った。
『夏枯れ肌』は見た目の印象に悪影響をおよぼし、仕事や恋愛において、損をしてしまう可能性があると言えそうだ。

以上の結果から、サロンワークにおいても『夏枯れ肌』を解消するフェイシャルコースを提案してみてはいかがだろう。

[調査概要]
・調査期間:2015年9月8日~9月9日
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:20~50代の女性500名 ※年代ごとに均等割付

次の記事を読む

同じカテゴリーの記事を読む