Exit Button

新しいエンダモロジー「アライアンス」、大人気の理由は?効果と使い勝手の真実を語る

業務用 -

実力のある商材を次々と発掘、エステティック業界を牽引し続ける株式会社リツビを特集したブック・イン・ブックが6月号に収録されています。そのなかから毎週木曜日に全4回の連載として抜粋記事をお届けします。

第1回目は、短時間で美しさを造るまったく新しい施術体感と呼び声の高い、エンダモロジーの最新機種『エンダモロジー® Cellu M6® Alliance』の人気の秘密をメーカー担当者に語っていただきました。

 

エンダモロジー® Cellu M6® Alliance
30年以上に渡り研究を続けてきたフランスLPG社の人気マシン「エンダモロジー®」の最新スペック。電動アーム・ローラー・断続的な吸引という3つのテクノロジーを組み合わせた革新的なヘッドで素早く確かな結果をめざす。

『エンダモロジー アライアンス』発表会レポート

 

 

唯一無二の「体感」で新たなファンを獲得!

 

 

2017年11月、エンダモロジーの最新機種として話題を集め、華々しいデビューを飾った『エンダモロジーアライアンス』。発売以来、すでに多くのサロンが導入を決断し、メニュー単価アップに成功! 施術時間の短縮で、生産性が上がった!などうれしい声が続々届いているという。30年以上にわたって医療・エステ・スポーツなどの市場において最先端技術の開発、製造、販売に取り組んできたフランスLPG社が、リスクなく、100%ナチュラルな方法で肌本来が持つ力を目覚めさせる技術として開発したエンダモロジー。この技術は今や世界110カ国で愛され、毎日20万人以上の人が受けているといわれるほどの人気を誇る。

 

 

ブラックラインとは違う「体感」と「効果」、そして「結果」

 

その最新機種である『エンダモロジーアライアンス』は、ローラー、電動アーム、断続的な吸引を融合させた革新的なトリートメントヘッドで、より短時間で効率のよい施術を可能に。さらにお客様一人ひとりの状態に合わせて自動的に最適なプログラムを設計、マシン任せのトリートメントでも高い結果が期待できるという。「心地よく結果が見えるマシン」として知られ、長年施術を受け続けているというファンも多いが、この新たなトリートメントヘッドが生み出す今までにない体感や結果に驚き、即継続や切り替えを決断するという。

「吸引しながら気になる部分をまるで内側から掘り起こしていくような体感は、まさに唯一無二のテクノロジー。一度にボディメイクとセルライトケア、そしてスキンケアとトータルな美をご提供できるのも、このアライアンスの魅力だと思います」と語る田邉さん。施術する側、受ける側の双方がより高い満足感を得ることができる、まさに理想的なハイスペックマシンなのだ。

 

マシン担当アドバイザー 田邉 さやかさん

 

最初の3回で変化。エンダモロジー継続利用者の多さも強み

 

またボディだけでなく、特許技術※を取得したフェイス用トリートメントヘッド「エルゴリフト」によって、ハリとうるおいに満ちた美肌をめざすフェイシャルトリートメントを提供。1秒間に16回にもおよぶ断続的な吸引と高速で駆動するフラップによって、肌に刺激を与え、首やデコルテ、年齢の出やすい手など幅広い部位のケアに最適だという。「ボディからフェイスへとお手入れの範囲を広げる方が増え、それが結果としてリピート率の向上やお客様の長期囲い込みにつながっている」と、田邉さん。もともと「サイズダウンしたい」とエンダモロジーの施術を受け始め、メンテナンスや癒しを目的に施術を継続しているという方も多いマシンだけに、フェイシャルトリートメントのさらなる充実は、継続を決めるきっかけの一つとして貢献してくれるはずだ。さらに、エンダモロジー専用コスメも販売を開始。ますます『エンダモロジーアライアンス』を核としたトータルビューティ提案の幅は広がっていくと予想される。きれいの質を高める心地よい施術で世界中から愛されるテクノロジーをサロン集客・売上の起爆剤として検討してみてはいかがだろうか。

※特許番号5241628

 

電動アーム、ローラー、断続的な吸引という3つのテクノロジーを搭載したボディ用トリートメントヘッド。肌の奥深くまでしっかりと掴み複雑な刺激を与え、素早く確かな結果を提供。

 

 

エンダモロジー®の効果が50%UPし、サロンメニューに組み込むことによって客単位をUPできるエンダモロジー®コスメティクスは全部で9種類。さらにお客様へのご提案の幅も広がる。

 

 

歴代エンダモロジーはベストアイテムにも選ばれています!

2017年ベストアイテム
2016年ベストアイテム

 

 

 エンダモロジー専用化粧品が1月新発売

 

 


協力 株式会社リツビ http://www.ritsubi.co.jp