Exit Button

ホスト界の帝王・ローランドがサロンをオープン 特別インタビュー

VIPインタビュー -

今気になる人No1!テレビでもおなじみのローランドさんがプロデュースしたエステサロンROLAND Beauty Lounge がオープンした!というニュースを聞きつけ、早速取材に行ってきました!

 

 

 

エントランスでまず目に留まるのが、床から天井までの大きなガラスケースに入った真っ赤なバラ!脱毛エステサロンとは思えないほどラグジュアリーな空間になっていました。それもそのはず、内装からスタッフの面接まで(スタッフは全員美男美女です)すべてローランドさんが担当、こだわり抜いたそうです。

 

 

 

なんとローランドさんご本人にインタビュー!


 

—とってもラグジュアリーな空間で、ローランドさんらしさが全面に出ていますね!素敵です。

 

ローランドさん(以下、R) やっぱり自分の名前を掲げている店である以上、とことんこだわりたかったので。自分が気が乗らないサロンではやりたくない。だから通常のサロンイメージにとらわれず、ローランドカラーを全面に出しました。お客様には通っていることをステータスに思ってもらえる、通うだけで美意識があがるような空間をめざしました。

 

 

 

—なぜご自身で脱毛サロンをやろうと思ったのでしょうか?

 

R 世にかっこいい男性を増やすことが俺の使命であり、それが世直しだとも思ってるんですよ。俺は20歳頃から全身脱毛をしているけど、お金もかかるし痛いしで色々なことにストレスを感じて。だから、とにかく自分が通いたいと思えて、なるべくお客さんがストレスを感じないサロンを作りたかった。痛みも金額面でも。

 

—男性の脱毛は女性以上に痛いって聞きますが、本当なんですね。機器選びにも参加されたんでしょうか。

 

R もちろんマシンも俺が選んでる。美しくいるために必要な痛みなら仕方ないと思ってやっていたけど、もう時代はそうじゃないよね。サロンに導入したのは LUMIX-A9 という脱毛機で、俺が経験したものに比べたらほぼ痛みなんて無いようなスペック。だから選んだ。いい機械だから金額を設定するのに苦労したけれど、とにかく通いやすさを優先しました

薄利多売って言葉は元々好きじゃないし、全国に展開していく上で売上も大切だけど、美を求めるお客様にきれいになってほしいという思いの方が強かったので。

 

 

 

ムダ毛は汚れみたいなもの。お風呂にはいっていないのと同じ!


――お客様のことを優先していろいろ設定しているんですね。さすがです。そんなかっこいいローランドさんの思う「かっこいい男」の条件は?

 

R とにかく清潔感かな。服装や言葉遣いなどの内面、すべてにおいて清潔感は大事だけど、ムダ毛の処理はその最低ライン。ムダ毛って汚れみたいなものじゃん?お風呂入ってません、ていうのと同じだと思ってる。

 

――最近は脱毛する男性の数も増えつつありますよね。サロンで脱毛するのが初めての男性におすすめの部位はどこでしょうか?

 

R ヒゲは当然、手の甲も絶対したほうがいいよね。女性からよく見られる場所だし、仕事をする上でもマナーだから。

 

――手の甲ですか。さすが!女性目線をよく理解されてますね。

 

R まあ俺は服を脱いでも、かっこよくローランドでいたいから全身やってます。普通8回もやればなくなるけど、とにかく眉毛以外は全て、産毛も無くしたくて20回以上はやってるかな。

自己投資はケチケチしたくない、というか、いい男になりたいなら絶対に自己投資は惜しまない方がいい。それに、美容って積み重ねだよね。毛つながりになるけど、俺はヘアケアには特にこだわってる。こだわってるぶん、人のことも見ますね。ヘアケアって特に毎日の積み重ねじゃないですか。出かける直前だけ頑張ってもダメ。そういう積み重ねのケアができている人って、やっぱり美意識高いんだな、って思う。そういう意味では脱毛も同じだよね。時間と金と手間を惜しんだら負け。

 

 

――徹底してますね・・・!さらに、オーナーとして、スタッフの面接から教育までもなさっているとお聞きしました。

 

R サロンのオーナーとしてはまだ未熟だけれど、接客についてはかなり自信があるので。だからスタッフ教育にも、もちろん今後積極的に関与していきたいし、オーナーとして自分の接客ノウハウを伝えていきたいです

 

――日本一の接客スキルを持っているローランドさんが考える、接客業において一番大切なことはなんでしょうか?

 

R お客様との距離をいかに縮められるか、につきますね。ただ近づいたり馴れ馴れしくするのではなく、不快に思われずにどう距離を縮めるかが大切。

 

―難しいですね。

 

R そう、難しいんですよ。だからユーモアを入れ込んだりするのも大切。お客さんという括りにとらわれず、心地よいと思ってもらえる関係性を持つことがどんな接客業においても大切だと思っている。

 

――さすがですね。今後は、サロンでローランドさんに会える可能性もあるのでしょうか。

 

R ありますよ。みずから店のよさや脱毛の大切さも伝えたいですし、自分の経験も踏まえて、お客様のカウンセリングをしたいですね。今後は心斎橋や銀座にもオープンする予定なので、積極的にサロン作りに関わっていく予定です

 

 

 

自らカウンセリングもこなす!ローランドさんの接客手腕を目撃


取材中、偶然にも脱毛体験で名古屋からわざわざ夜行バスで来たというファンの男性が来店、たまたまお店に来ていたローランドさんが突然カウンセリングしてくれる、というサプライズもに遭遇しました。

 

 

「僕、いい男じゃなくてローランドさんになりたいんです!」というほどの熱烈ファンで、ローランドさんのカウンセリング後、手とひげの脱毛をコース契約していました!

 

なんと今後も名古屋から通うとのこと。

 

 

女性だけにとどまらず男性までもファンにしてしまうほど、ローランドさんのカリスマ性に驚かされました。エステ業界に颯爽と現れたローランドさん、サロンの皆さんには敵か味方か?という感じですが、美容業界を牽引してくれる救世主では?! と取材中何度も思わされました。

 

美容に関心のある男性ならではの視点と、男女関係なく魅了する超一流の接客スキルは、私たちもぜひ見習いたい部分。男性美容が盛り上がりつつある今のタイミングに業界参入という戦略も、さすがですね。今後の活動にも密着していきたいと思います!

 

 

ローランド
1992年東京生まれ。大学を中退し18歳でホストデビュー。1年間の下積み時代を経た後、歌舞伎町の数々の最年少記録を更新し20歳にして当時所属していた店舗の代表取締役に就任。2013年KG-produceに、史上最高額の移籍金で移籍。2018年には月間6,000万円を売り上げ、グループの個人最高売り上げ記録を樹立するなど、名実共に歌舞伎町のトップホストとして現代ホスト界の帝王と称されている。

 

 

【店舗概要】


ROLAND Beauty Lounge
東京都新宿区新宿3-11-9花菱ビル10F
https://roland-bl.jp/

【メニュー例】
<ROLANDPlan>
ヒゲ全般とVIOを中心とした施術を行うプラン
通常価格:169,000円~

<MannersPlan>
ヒゲ全般および、手および指を中心とした施術を行うプラン
通常価格:90,600円~

<SmartLifePlan>
Tシャツや短パンを美しく着こなすためのプラン
通常価格:172,000円~

 

 


 

取材・文 栗原まるみ(エステティック通信編集部)/ 撮影 下重 修

関連サイト ROLAND OFFICIAL WEBSITE
http://roland-official.com/