Exit Button

【シンデレラコンテスト2020】グランプリは約20kgの減量に成功

たかの友梨ビューティクリニックを運営する、株式会社不二ビューティ(東京都渋谷区、代表取締役会長 たかの友梨)は、2020年1月22日(水)「たかの友梨 エステティック シンデレラコンテスト2020」を開催した。

 

 

 

 

今回で28回目迎えた同コンテストは「たった3カ月で人生を変えるシンデレラストーリー」と題し、予選にて選ばれた30名のファイナリストたちが3カ月間無料でボディエステ・食事指導・運動指導を受け、その成果に対して「5つの選考基準」を元に審査が行なわれる。コンテストでは、1次の水着審査から10名が2次のドレス審査に進み、華やかなドレス姿を披露した。

 

 

 

 

 

【たかの友梨エステティックシンデレラ大会5つの選考基準】
1.健康で、スリムで、女らしいプロポーションに生まれ変わっていること。
2.素肌にも、健康的な輝きとハリがあふれ若々しいこと。
3.明るく、知的で、チャーミングな個性の持ち主であること。
4.自分自身を美しく磨き、前向きな努力を惜しまないこと。
5.サロンへきちんと通い、グラフ化体重日記や食事日記などを記入し、規則正しい生活を送っていること。

 

厳選なる審査の上、見事グランプリに輝いたのは博多マルイ店にて施術を受けた会社員の百田志穂さん(26才)。3カ月で19.7kgという驚異の減量に成功した百田さんは、ウエイトダウン賞とW受賞を果たした。受賞後のインタビューでは「まさかW受賞できると思わなかったので本当にうれしい」と喜びを語っていた。また、コンテスト会場に来ていたパートナーに対して「もうデブとは言わせないです。彼は、太っている私しか知らないと思うので」と壇上からメッセージを送った。

 

 

 

 

コンテスト最後には、たかの友梨会長が「今回、1,269名の方にご応募いただきました。ファイナルにコマを進めた30名のうち既婚者が13名、平均年齢が30.3才と年齢層が高めだったことが印象的でしたね。少し前までは美容のコンテストは結婚したら出られないような雰囲気でしたが、ミセスになっても美しくあり続けたいという方が増えたのだと思います。

エステティックはただ痩せるだけではなく、気持ちよく、楽しんでメリハリボディになれるころが好ましい。痩せた体・方法は一生の財産となります」と締めくくった。

 

今大会は、婚歴・年齢問わずさまざまなな女性が出場しており、同社は、これから40代・50代からの応募も積極的に受け付ける意向だ。令和初である今大会は、多様化する女性の姿が反映された、新しい時代にふさわしい記念すべき大会となった。

 

 

 

 

 


 

文 永山泰子

 

関連サイト たかの友梨 ビューティクリニック

https://www.takanoyuri.com/esthetic/