Exit Button

15歳~70歳まで、175名が参加した「イヴステージ」

食養生やツボ・経絡など、東洋思想を取り入れたエステティックサロン「健康痩せ専門イヴ」は、2019年12月7日(土)TOKYO DOME CITYホールにて『第34回イヴステージ』を開催しました。

 

「健康痩せ専門イヴ」
「健康痩せ専門イヴ」は、サロンを“教室”、お客様を“生徒様”と呼び、ただ施術してもらうだけではなく「お客様自身が太りにくい体づくりのノウハウを学ぶ」「壁のないオープンフロアのトリートメント室で施術を受ける」など独特な形態を持つエステティックサロン。

 

 

 

 

この日開催された「第34回イヴステージ」は、全国33教室で痩身に励んできた各サロンの代表者が、その成果を発表する場として1986年から毎年開催。今回は、15歳~70歳までの175名の女性が、思い思いのファッションに身を包み、壇上に設けられた大階段にずらりと並びました。その華やかさは圧巻。

 

オープニングに続き、各サロンごとにダンスなどのステージパフォーマンスを披露。ダンスの音楽に合わせ、出場者の名前・一言ダイエットエピソード・意気込み・どれくらいの期間でどれだけ痩せたのかを紹介していきます。

 

 

 

 

 

健康痩せ専門イヴでは、オープンタイプの施術室で施術を行なうため、お客様同士で情報交換をしたり励まし合ったりすることも多く、ダンスの息もピッタリ。ステージ下では、エステティシャンやほかの出場者が同じダンスを踊るなど、華やかで温かみのあるステージパフォーマンスとなりました。

 

イヴステージ出場者は年齢層が高いのも特長(今大会も、出場者の半数以上となる約100名が40歳以上でした)であり、なかには「サロンに通い始めたら病院での検査結果が正常値になり、毎日飲んでいた薬が要らなくなりました」と健康への効果を実感した方もいらっしゃいました。

 

厳選なる審査の結果、ベストチーム賞を獲得したのは、ダンサー顔負けのパフォーマンスを披露した豊中サロンの皆さん。またドラマティック賞に、今大会の最年長参加者である浦和サロン 橘静江さんが選ばれました。

 

 

 

 

 

そして、第34回大会 最優秀努力賞に輝いたのは、なんと29カ月(休学期間14.5カ月を除く)で、マイナス50kgという驚きの数値を達成した千葉サロン 柏原千賀さん(31歳)。約2年半という長期に渡りダイエット生活を続けるというのは、まさに“努力賞”に値するのではないでしょうか。

 

 

 

 

イヴステージは、来年も同時期に開催。年齢を重ねて「もう痩せられない」と諦めていた方は、2020年の第35回イヴステージ参加をめざしてみてはいかがでしょう。

 

 

 


 

文 永山泰子

 

関連サイト 健康痩せ専門イヴ 公式サイト
http://www.kenko-yase.co.jp/