Exit Button

4カ月で-34.5kg『スリムクイーン・キング2019』

東洋美容の技術を取り入れたオリジナルメニューを提供する株式会社スリムビューティハウス(東京都渋谷区)が運営するエステティックサロン「スリムビューティハウス」は、2019年12月12日(木)EXシアター六本木にて、『第31回スリムクイーンコンテスト』および『第15回スリムキングコンテスト』を開催しました。

 

「スリムクイーンコンテスト」とは、多数の応募の中から選ばれた女性が、4カ月間スリムビューティハウスのサロンに通いながらダイエットに臨み、【美しさ・好感度・スタイル・品格・変身度】の5つの審査基準をもとに「どれだけ美しく、健康的にスリムになれたか」を競うコンテスト。

 

 

 

 

今年は、スリムクイーンに16名、スリムキングに5名のファイナリストが出場。ダイエット前のインタビュー映像が流れた後に、痩せて美しく変身した本人がステージ上に登場すると、その変わり様に会場からはどよめきと拍手が起こりました。

 

今回のコンテストで特に盛り上がりを見せたのが、意外にも「スリムキングコンテスト」。2019年の出場者は5名、ほぼ全員が約20kg以上のダイエットに成功。6パックに割れた腹筋を披露するとクイーン以上に大きな歓声が。

 

 

 

 

2019年のダイエット方法として特徴的だったのが「腸活」。腸活メニューを行なうことで、肌表面のみならず内側から熱を生み出す体に変化し、痩せやすくなるのだそう。ここ数年で美容業界のみならず一般の方からも注目されている腸活が、やはりダイエットに有効だということを実際に痩せた方を目の当たりにして改めて実感しました。

 

 

 

 

審査結果を待つ間、スリムビューティハウスでイメージキャラクターを務める内田理央さん、お笑いコンビの和牛が登場。内田さんと和牛のお二方とのトークセッションで、和牛の水田さんに「実際サロンに通っているのか」を尋ねられると内田さんは「撮影前などはサロンでケアしていただきます。運動が苦手で食べるのが大好きな私は、食べる前に飲むインナービューティサプリメント『スリムプロカット』を愛飲しお守りとして持ち歩いています」と、サロン愛用者であることを明かしました。

 

 

 

 

厳選なる審査の結果、見事第31回スリムクイーンに輝いたのは仙台AER店で施術を受けた亀井しず香さん(25才)。受賞後のインタビューで亀井さんは「この4カ月間、楽しくダイエットできました。ですが、1人では成功できなかった。サロンや職場、家族など支えてくれる方々が居たからこそ達成できました」と感謝の言葉を伝えました。

 

 

 

 

また、第15回スリムキングでは、池袋ホテルメトロポリタン店で施術を受けた加藤翔さん(25才)がグランプリを受賞。加藤さんは、なんと4カ月で-34.5kgという過去最高の減量を達成。コンテストを観戦していた職場の同僚からも「カッコイイ!」と声が上がりました。

 

コンテストは毎年同時期に開催。「健康に美しく痩せたい」という方は、応募してみては。

 

 

 


 

文 永山泰子

 

関連サイト スリムビューティハウス 公式サイト
https://slim.co.jp/

 

関連サイト スリムビューティハウス 特別サイト
https://slim.co.jp/event/sq/