Exit Button

学生向けエステ技術コンテスト「Beauty Festival」閉幕

一般社団法人日本エステティック協会(東京都千代田区、理事長 久米健市)は、2019年10月31日(木)パシフィコ横浜にて、『AJESTHE Beauty Festival in YOKOHAMA』を開催した。

 

協会ではこれまで、認定校の学生を対象とした技術コンテストを行なっていたが、今回は“~いま求められる、エステのチカラ~#POWER OF ESTHETIC”をテーマに、コンテストのほかトークショー、協賛企業・エステティックサロンの展示ブースなど、認定校の学生をターゲットとした参加型イベントにリニューアル。

 

 

 

 

開会式に次いで行なわれたメインイベント「第12回エステティックコンテスト」には、基本部門33名・応用部門39名が出場。おもに1年生を対象とした基礎部門では、20代のノーマル肌・普通体型のお客様を想定し【軽擦・強擦・揉捏・打法・振動・圧迫】の6手技を入れた基本のフェイシャルトリートメントを披露

 

一方後半の応用部門では、40~50代中肉・中背、悩み/顔のしわ・たるみ、肩こり、腰背部・上腕部の脂肪(凸凹脂肪レベル1)、ノーマル肌のお客様を想定した80分のフェイシャル&ボディマッサージを披露した。

 

厳選なる審査の結果、見事金賞に輝いたのは【基本部門 秋武優莉さん(関西ビューティプロ専門学校)】【応用部門 池田真由さん(長野理容美容専門学校)】。特に応用部門の池田さんはサロン賞・ボディ技術賞と金賞のトリプル受賞をしており、審査員からは「ボディ技術の体重移動が上手い」と高い評価を得ていた。

 

 

基本部門 金賞 秋武優莉さん

 

応用部門 金賞 池田真由さん

 

 

また、メインステージでは、雑誌『bis』とのコラボによる同誌レギュラーモデルの大谷映美里さんをゲストに招いたトークショーや、2015年技能五輪国際大会 銀賞を授賞した三谷麗奈さんなど若手エステティシャン3名によるパネルディスカッションを実施。さらに、プレゼントが当たるお楽しみ抽選会が行なわれるなど、もりだくさんの内容だった。

 

 

トークゲストの雑誌「bis」レギュラーモデルの大谷映美里さん

 

写真左から、株式会社ソシエ・ワールド 門真友里恵さん、クラランス株式会社 泉弥子さん、R-BlooM代表 三谷麗奈さん

 

 

今回Beauty Festivalとしては初開催となったが、全体を通して、円形にベッドを並べ、約40人が一斉に技術を披露する姿はほかのエステティックコンテストにはないパターンで圧巻。さらにステージでも、プロの司会が加わり動画や音楽・ライティングを取り入れるなど、これまでの単なる「コンテスト」から「フェスティバル」に大きく進化したと感じられた

 

 

 

 

また、デザインを入れたピンクの壁や、赤い椅子が並ぶ休憩所、パネル展示や体験ブース、就職のためのミニステージなど、“映え”ポイントも満載で、学生だけではなく一般エステティシャンでも楽しめる空間になっていた。次回開催にぜひ、足を運んでいただきたい

 

 

 

 

 


 

  • 関連サイト
一般社団法人日本エステティック協会
https://ajesthe.jp/