Exit Button

リラクゼーションコンテスト2019 グランプリが決定

一般社団法人日本リラクゼーション業協会(東京都新宿区、理事長 清水秀文)は、2019年10月17日(水)ヒューリックホール東京にて、『Relaxation Contest JAPAN 2019』を開催した。

 

 

 

 

同コンテストは、セラピスト個人の接遇スキルを競う「セラピストの部」と、スペース(店舗)代表3名が1組となりプレゼンテーションを競う「スペースの部」と2つの部門で競技を行なう。

 

 

セラピストの部

 

前半の「セラピストの部」には、8名のファイナリストが出場。「愛されるセラピスト~Make Your Smile~」をテーマに、6分間の【接遇ロールプレイング】と1分30秒の【想いのスピーチ】を披露した。

 

競技内容は毎回ブラッシュアップされており、6回目の開催となった今回は「店頭で入店を悩んでいるお客様への声掛け」からスタートとさらに高難易度に。また、競技直前に伝えられる“お客様の設定”も「広告代理店に勤務、仕事の悩みを抱える34歳男性で、悩みは食欲がわかないこと」と細かく、役者を相手に実際のサロンワークさながらの接遇を披露した。

 

 

 

 

スペースの部

 

後半の「スペースの部」では、「愛されるスペース~100万円で叶えるより魅力的なお店づくり~」をテーマに、4分間のプレゼンテーションと、審査員との質疑応答にて審査。プレゼンでは「サロンのコンセプト“プロバンス”を際立たせるため、スタッフ全員がフランスまで視察に行く」、「お客様とバス旅行を企画し、車中でリフレクソロジーをレッスンする」など、斬新なアイデアが披露された。

 

 

 

 

結果発表

 

厳選なる審査の結果、見事グランプリを獲得したのは

  • セラピストの部 「Re.Ra.Ku 西部新宿ぺぺ店 山田温子さん」
  • スペースの部 「Re.Ra.Kuユーカリプラザ店」

 

 

セラピストの部 グランプリの山田さんは、「さまざまな仕事の悩みを抱える、深夜勤務の多い飲食店店長27歳女性で、悩みは手足の冷え」という設定にてロープレをスタート。お客様が興味を持った、タイ古式マッサージの特長や魅力をうまく伝え、「見学もできますよ」と自然に店内へ誘導。立ち仕事でむくみもあるというお客様に、手作りの“筋肉の硬さ見本”を使用して自身のふくらはぎとチェックしてもらい、お客様の緊張を解きながら疲れを自覚していただくなど流れがスムーズだった。さらに、説明だけで終わってしまう出場者も多い中、6分間という短い時間でクロージングまできっちり終了するなど、納得のグランプリ受賞となった。

 

一方、スペースの部 グランプリの「Re.Ra.Kuユーカリプラザ店」は、“3世代に愛されるスペース”をテーマに、シニア層のために手摺りを設置する、子ども連れのために個室のキッズスペースを作るなど、現在来店しているお客様に加え、「キッズ」という潜在顧客の取り込みを考え、現実的で社会にも業界にも貢献できるプレゼンテーションが高く評価された。

 

 

 

 

また、今回は「スペシャルプログラム」として、2020年に公開予定の映画『癒しのこころみ~自分を好きになる方法~』のキャストから主演の松井愛莉さん、八木将康さん、篠原哲雄監督が登壇。「立ち方やタオルの使い方、技術の習得など覚えることが多く大変だった」など、撮影中のエピソードを交えたトークショーが行なわれた。

 

『癒しのこころみ』は、エンターテインメントの力で“セラピストをめざす方が増えてほしい”との思いから、同協会が企画し実現。新米セラピストの苦労と成長を描く映画となっている。2020年夏、全国公開予定。

 

 

 

 


 

文・写真 永山泰子

 

  • 関連サイト
一般社団法人日本リラクゼーション業協会
TEL: 03-6273-2792
http://www.relaxation-net.jp/