Exit Button

研究財団が『第13回エステティック学術会議』開催

公益財団法人日本エステティック研究財団(東京都港区、理事長 関東裕美)は、2019年9月24日(火)、女性就職支援センターホール(東京都港区)にて『第13回エステティック学術会議』を開催した。

 

 

第13回のテーマは「お客様が満足するエステティック~知識がつくるエステティシャンの品格~」。

同研究財団はエステティックに関する調査研究や、業務の適正化技および技能の改善向上を図ることにより、公衆衛生の向上・消費者の利益保護を目的として設立された団体。

今回の学術会議でも、「エステティシャンの格を高める必須知識」として、関東理事長より化粧品に含まれる成分によるアレルギーの症例を紹介。また、次いで行なわれた特別講演においても、東方大学医学部微生物・感染症学講座教授 舘田一博氏よりオリンピックとともに持ち込まれる可能性がある感染症や、エステティシャンを介して広まる可能性、予防のための衛生管理など、「自分を守る お客様を守る衛生管理」が紹介されるなど、研究財団ならではの講演が行なわれた。

 

関東裕美 理事長

 

後半においても、A.C.E.ビューテサイエンス研究所 塚田博之氏より、登録サロン630件に対し行なったアンケート結果(回答数154件)と、フェイシャルおよびデコルテへのリラクゼーションマッサージによる気分が温度・心拍の変化などが発表され、目に見えない「効果」を数値化することで、リラクゼーションの意義を再認識することができた。

 

会の最後には、郷和子氏(エステティックバービー代表、日本エステティック協会副理事長)、興梠文香氏(株式会社スリムビューティハウス 営業部マネージャー)、三谷麗奈(技能五輪世界二位銀メダリスト/R-BlooM代表)の3名をパネラーに迎え、「いま、知っておくべき知識とは?~高齢化、国際化、多様化の中で~」と題したパネルディスカッションを開催。

 

「元気で自立したアクティブシニアや、介護が必要なパッシブシニアへの対応」、「LGBTなどの性的マイノリティ・言葉や文化が異なる外国人・様々な障害を持つ方」、「エステティシャンを目指す若者の減少」など、今後エステティックサロンが直面するであろう、難しい課題について、若手・ベテラン個人サロン、大手サロンとそれぞれ異なる立場での見解と対応例に関して意見が交わされた。

 

例えばLGBT。LGBTのお客様に対する対応は問題なく対応できたとしても「男性と同じベッドで寝たくない」というお客様もいる。その際、現状通っていただいてるお客様への対応も必要になる。また、2020年の東京オリンピックの開催まで約300日となった。訪日外国人を通して、日本および日本のエステティックをアピールする絶好のチャンスが到来するが、アルコール消毒ができないムスリムの方への対応は?など、各サロンでもパネルディスカッションと同様に「多様化するお客様への対応」を見直してみてはいかがだろう。

 


取材 永山泰子(美容経済新聞社)

 

 

●関連サイト
公益財団法人日本エステティック研究財団
http://www.jerf.or.jp/